園について

保育の理念

「互いに愛し合いなさい」とのカトリックの愛の心で、児童福祉法に基づき、保育を必要とする乳幼児の保育を行う。
保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために、保護者や地域社会とちからを合わせ、児童の福祉を積極的に推進し、地域における家族援助を行う。

基本方針

保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設です。
乳幼児は、昼間の大半を園で生活し、集団生活を体験しながら個々の学習をしていくものです。
乳幼児が安定感をもって十分活動できるようにし、養護と教育の一体化された保育方針で、豊かな人として生きていくための基礎的能力が培われることを保育の基本としています。
職員は、豊かな愛情を持って子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重し、プライバシーを保護することを第一義とし、保護者の意見や要望を真摯に傾聴してよりよい保育のために努力研鑽する。

保育の目標

丈夫な身体と正しい心の育成を願い、

身近なものを大切にする子ども
祈る心、感謝する心、許しをこう心を育てる。
身近な人や動植物を通して、いのちの大切さを知る。
思いやりのあるやさしい子ども
人に対する愛情と信頼感、相手の人権を尊重し、おもいやりのある心を育てる。
社会生活の基礎となる自主協調の心を育てる。
心も体も元気な子ども
運動や休息、栄養をとり、規則正しい生活を送り、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身に付ける。
くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的に遊ぶ力を育む。
様々な体験を通して、豊かな感性と創造性を培う。
生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力の基礎を培う。
自立できる我慢強い子ども
食事、排泄、睡眠、着脱衣、清掃などの正しい習慣を繰り返し、自立の芽生えを養う。
身のまわりの簡単なことは、自分で処理する力を育む。

特別保育事業

延長保育

保護者の就労時間・通勤時間の都合等により、通常の保育時間(午前7時~午後6時まで)を超えて保育が必要とされるお子様に対して、保育時間を延長して保育を行う事業です。
入所時に登録した方は誰でも利用できます。

子育て支援事業(たんぽぽ広場 午前9:45~11:00)

未就園児親子が在園児、又親同士の交流を通して健やかに育ちあう場とする。
・行事への参加
・クッキング
・園庭解放

育児講座・育児と仕事両立支援事業

在園児・未就園児の子育て講座、及び個別指導を通して、子育ての充実をはかる。

世代間交流事業

地域の老人や祖父母を招待して交流を楽しむ
・お茶会招待
・行事への招待
・クリスマス交流会  

一時保育

一時的に保育が必要な方(お産、介護、冠婚葬祭、傷病、育児困難のリフレッシュのためなど)に利用していただきます。
原則として、週3日ですが、月に14日まで延長が可能です。

園庭菜園

園庭の花壇やプランターを利用して、季節の野菜を栽培して成長を楽しんでいます。実りを園児とともに収穫し、食育に大いに役立っています。